患者を診ている医者

性病と呼ばれる性感染症には、後天性免疫不全症候群から女性がかかり易い性器クラミジアや淋病、性器ヘルペスがあります。
他にも尖圭コンジローマや膣カンジダ、トリコモナス、梅毒、毛じらみなど様々な性病が存在します。

性器クラミジアは、クラミジアトラコマティスによる感染症であり、精液や腟分泌液、粘膜の接触で感染します。
治療薬としては、一般的にマクロライド系やニューキノロン系、テトラサイクリン系の抗生物質が処方され、重症時にはミノサイクリンを3~5日間点滴で投与します。

淋病は、強い感染力を示しますが、淋菌は弱いので日常生活で感染する可能性は非常に低いとされ、特に女性は自覚症状が無く、子宮頸管炎から卵管炎や腹膜炎、肝周囲炎などを発症します。
淋病の治療としては、ニューキノロン系の抗菌剤やセフェム系やペニシリン系、テトラサイクリン系抗生物質が処方されます。
又、塩酸スペクチノマイシンやセフェム系抗生物質など注射による治療も行われます。

性器ヘルペスは、基本的に単純ヘルペスウイルス2型により発症する無症候性の性行為感染症ですが、オーラルセックスにより単純ヘルペスウイルス1型でも感染するケースが増えています。
性器ヘルペスは、潜伏期間を経て痒みや痛みなどの症状が現れ、2~4週間で症状が治まるので自然治癒する性病と思われがちですが、単純ヘルペスウイルスを完全に死滅する薬剤は無い為に免疫力が落ちると症状が再発します。
治療は、バルトレックスを代表とする抗ウイルス剤が処方され、稀に鎮痛剤などが処方されます。

梅毒は、梅毒トレポネーマによる感染症であり、感染初期はリンパ節が腫れる程度で明確な自覚症状は無く、数年かけて最終的には多臓器に腫瘍が発生し麻痺性痴呆や脊髄瘻を起こし死亡します。
梅毒の治療は、ペニシリン系の抗生物質を数週間投与しますが、稀にマクロライド系抗生物質エリスロマイシンを投与します。

今回紹介した薬は病院での処方の他にも、通販で購入することができます。
特に性器ヘルペスに使用されるバルトレックスを通販で買う方が多いです。
その他の治療薬も通販で購入することができるため、症状に合わせて検索してみることをオススメします。

記事一覧
性病や感染症に感染したら注意すること

誰でも性病や感染症にはなるべくなりたくないと思っているものであり、そう思っているのが当然であります。しかし故意ではなかったとしても、何らかの原因によって性病や感染症に感染したと自覚してしまう人もいるのです。そして感染した場合は日常生活においても様々な注意事項や制限が出てきてしまい、それを気を付けるの...

2020年04月21日
彼女が性病で病床に伏してしまった場合の励まし方

自分の彼女が何らかの原因によって性病になってしまい、病床に伏してしまった場合の彼氏としてのショックは大きいものです。何故なら性病というのは一般的にはセックス等の性行為を原因としてなってしまうことがほとんどであり、彼氏であるならば普段から彼女とセックスをしているのは当然であり、自分自身に原因があったか...

2020年03月05日
性病と膿の関連性による性病の感染の問題について

性病のリスクについては近年であれ昔であれ議論されてきた問題であり、特に現代では性病の感染の拡大を防ぐ努力が徹底してされていることは国民皆が知っている所です。しかしそれでもなお性病の感染というものは部分的にせよ広がっているという現実を呈しています。また性病はそれだけにとどまらずほかの病気への関連性も低...

2020年01月15日