• ホーム
  • 感染症研究所からの情報提供~エイチアイブイ感染や性病

感染症研究所からの情報提供~エイチアイブイ感染や性病

2019年12月13日

一般的な感染症研究所では、空気感染で発症する流行性のかぜの研究や、接触が原因となる特殊な菌への感染、性行為が原因となり感染する性病の研究及び、情報提供を行っています。
これらの病気に感染した可能性が高い場合は、その病を知ることで症状の特徴やそれぞれの対処法を学ぶことができ、治療に役立てる事が可能です。
そのため、適切なケアを受けるためにも、感染症研究所の配信する情報は有益なもので、高い効果の期待出来る治療法や再発を防ぐ為の予防法を学ぶ事が出来ます。

この感染症研究所の取り組む性病の中でも、エイチアイブイ感染は未だ完治させる事が困難な病気です。
このエイチアイブイ感染は、固有のウイルスに感染するもので、免疫の機能が働かなくなる事で知られています。
そのため、些細な細菌でも感染すると、免疫力の低下から重症化してしまう可能性が高く、これまでは回復できた症状でも危険性が増してしまうのです。

エイチアイブイ感染は後天性の免疫不全で、この病気を発症した際には専門的なケアが必要とされます。

とりわけ、多くの感染症研究所では、この感染症の感染経路や予防方法、新たな治療法の情報提供などを行っており、感染者だけではなく、一般の方々にも、この病気を防ぐ手段と最新の情報の提供に努めています。

性病には様々な種類があり、その中には唾液により感染するものや、性器の粘膜を介して感染するものなど、その感染経路は多種多様です。
エイチアイブイ感染の場合は、その他の性感染症と同様に、性行為により感染する事が多くなりますが、血液感染や口や性器の粘膜を介した感染、皮膚などの接触が原因となる感染経路などもあるので、これらの要素を把握しておき、予防を徹底する事が求められます。