• ホーム
  • 血管性紫斑病と健康診断で確認すべき性病の有無

血管性紫斑病と健康診断で確認すべき性病の有無

2019年11月12日

性病には身体の特定の部位に発疹などの症状が出るものが多くあり、感染した細菌の種類によって、それぞれの対処法も異なります。
しかし、この性病が原因とされる発疹と血管性紫斑病とは似たような症状もありますが、異なる細菌が関与しているものです。
これらの病気は小さな子供にも感染する可能性が高いものなので、正確な知識の習得が必要です。

性病の一つであるヘルペスは、水ぼうそうなどの症状に類似しており、感染して症状が治まった後でも、免疫力の低下と共に再発する可能性の高い病気です。
この病は感染経路も多く、感染源となる保菌者が家族内にいる事で、小さなお子様にも感染させてしまう可能性が高まります。

また、性行為が原因ではないヘルペスの場合は、口腔内や頬に発疹が出来る事が多く、発熱の症状なども伴う事が知られています。
この病気は再発することが多いので、適切な薬剤を用いて体内でウイルスの数が多くなる兆候を食い止める事が必要です。
そして、感染していない方も定期的な健康診断などを利用し、感染の有無を確認しておく事で、この健康診断が感染防止に役立ちます。

また、小さなお子様に多く、似た症状を持つものも多くあります。
血管性紫斑病とは、アレルギー性の病気で、些細な事でも出血しやすくなるのが特徴です。
この病気はヘルペスなどと同様に小さなお子様に発症することが多く、皮膚や粘膜に紫斑状の発疹ができることから、そのほかの病気と判別が難しくなるという特徴もあります。

この血管性紫斑病とは、血管の炎症が原因によるもので、症状が進行するにつれて内臓に潰瘍ができてしまうことがあり、激しい腹痛などを伴い吐血などを起こすお子様もいるので、健康診断などを利用して、その詳細を把握する事が必要です。